HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Law >
知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal >
vol.27 >

使用者が職務発明を自己実施している場合の「使用者等が受けるべき利益の額」の算定手法について : 実施許諾を併用している場合の処理 (特集 職務発明)

Files in This Item:
27_1-29.pdf328.64 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/43635

Title: 使用者が職務発明を自己実施している場合の「使用者等が受けるべき利益の額」の算定手法について : 実施許諾を併用している場合の処理 (特集 職務発明)
Authors: 田村, 善之 Browse this author
Issue Date: Feb-2010
Publisher: 北海道大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「新世代知的財産法政策学の国際拠点形成」事務局
Journal Title: 知的財産法政策学研究
Journal Title(alt): Intellectual Property Law and Policy Journal
Volume: 27
Start Page: 1
End Page: 29
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/43635
Appears in Collections:知的財産法政策学研究 = Intellectual Property Law and Policy Journal > vol.27

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University