HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
留学生センター  >
雑誌発表論文等  >

複数を表す「たち」と「ら」の使用における選択条件 : シナリオの分析結果を中心として

フルテキスト
shakaigengo_4.pdf2.18 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/43909

タイトル: 複数を表す「たち」と「ら」の使用における選択条件 : シナリオの分析結果を中心として
その他のタイトル: The use of plural suffixes‘-tachi’ and ‘-ra’:Based on the analysis result of the scenarios
著者: 鄭, 惠先 著作を一覧する
キーワード: 人称代名詞
地域差
性差
聞き手含包・非含包
personal pronoun
area
sex
listeners' participation
発行日: 2001年 9月
出版者: 社会言語科学会
誌名: 社会言語科学
巻: 4
号: 1
開始ページ: 58
終了ページ: 67
抄録: 本研究の目的は,複数を表す接尾辞「たち」と「ら」の選択の条件を明らかにすることにある.方法としては,映画シナリオを資料とし,その中から「人称代名詞+たち」と「人称代名詞+ら」の形式を取りだして,使用実讐を考察した.選択条件としては,話し手の属性による観点から「地域差」と「性差」,発話内容による観点から「聞き手包含・非包含」という項目を立てた.すなわち,地域が関東か関西か,話し手が男性か女性か,また,自称複数に聞き手を含むか含まないかを調べ,「たち」と「ら」の使用率を比較した,分析の結果,「たち」と「ら」の使用上の選択条件として,以下のことが検証された.(1)関西では関東に比べ,「ら」の使用率が高い.(2)関東では,男性が女性に比べ,「ら」の使用率が高い.(3)関東では,自称複数に聞き手を含まない文が聞き手を含む文に比べ,「ら」の使用率が高い.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/43909
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 鄭 惠先

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学