HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
留学生センター  >

雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc) : [9]

検索結果表示: 1 - 9 / 9
資料種別著者タイトル別タイトル掲載誌等発行日
article (author version)鄭, 惠先日本語役割語に対する韓国人日本語学習者の意識Korean students' attitude toward role language in Japanese長崎外大論叢2008年12月30日
article (author version)鄭, 惠先方言意識の日韓対照 : 役割語翻訳の観点から-日本語科学2008年
article (author version)坂口, 昌子; 鄭, 惠先ナガラ節に見られる日本語学習者の母語転移 : 韓国語母語話者が用いる「ながら」の始点的用法を中心に-京都外国語大学研究論叢2007年
article鄭, 惠先日本語と韓国語の役割語の対照 : 対訳作品から見る翻訳上の問題を中心にA Contrastive Study of Role Language in Japanese and Korean: Original and Translated Manga社会言語科学2005年 9月
article (author version)鄭, 惠先日本語と韓国語における人称詞の使用実態 : アンケート調査の分析結果から見る頻度差と用法の相違-計量国語学2005年
article (author version)鄭, 惠先日本語と韓国語の複数形接尾辞の使用範囲 : 文学作品と意識調査の分析結果から-日本語科学2005年
article (author version)鄭, 惠先日本語と韓国語の人称詞の使用頻度 : 対訳資料から見た頻度差とその要因-日本語教育2002年
article鄭, 惠先複数を表す「たち」と「ら」の使用における選択条件 : シナリオの分析結果を中心としてThe use of plural suffixes‘-tachi’ and ‘-ra’:Based on the analysis result of the scenarios社会言語科学2001年 9月
article (author version)鄭, 惠先; 坂口, 昌子誤用分析にもとづく「ながら」と「ミョンソ」の比較 : 始点の用法と述語の持続性を中心に-日本語教育論集『世界の日本語教育』2001年 6月30日
検索結果表示: 1 - 9 / 9

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学