HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
雑誌発表論文等  >

温泉と免疫

フルテキスト
41_95.rev.pdf995.64 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/43929

タイトル: 温泉と免疫
その他のタイトル: Hot spring and immune function
著者: 大塚, 吉則 著作を一覧する
中谷, 純 著作を一覧する
キーワード: 温泉療法
泉質
入浴回数
免疫機能
Balneotherapy
Type of hot spring
Number of bathing times
Immune function
発行日: 2004年
出版者: 日本生気象学会
誌名: 日本生気象学会雑誌
巻: 41
号: 3
開始ページ: 95
終了ページ: 99
抄録: 温泉療法の作用機序の一つに免疫機能の変化が報告されているが,温泉入浴は入浴回数,泉質によって身体に与える効果が異なることが考えられる.実際,温泉療法では免疫機能の亢進,低下の両者が認められたが,一般に強酸性で超高温浴の草津温泉や非常に冷たい寒の地獄温泉などの刺激の強い温泉による温泉療法は,免疫反応を抑制する方向に働き,単純泉のような療養向きの温泉は免疫機能を高めていた.また,一泊二日程度の温泉入浴であっても免疫系の変化が認められている.
記述: JOI JST.JSTAGE/seikisho/41.95
Rights: ©日本生気象学会
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/43929
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 大塚 吉則

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学