HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
雑誌発表論文等  >

Knowledge framework aiming at disease prevention through logical translation of the balneology to the modern medicine.

フルテキスト
68_209-1.pdf823.87 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/43953

タイトル: Knowledge framework aiming at disease prevention through logical translation of the balneology to the modern medicine.
その他のタイトル: 温泉気候物理医学と現代医学の論理的橋渡しを通じた疾病予防のための知識フレームワーク
著者: Nakaya, Jun 著作を一覧する
Ohtsuka, Yoshinori 著作を一覧する
Agishi, Yuko 著作を一覧する
キーワード: in silico, knowledge
translational research
balneology
disease prevention
health
life style disease
thermal aqua therapy
発行日: 2005年 8月
出版者: 日本温泉気候物理医学会
誌名: 日本温泉気候物理医学会誌
巻: 68
号: 4
開始ページ: 209
終了ページ: 222
抄録: 本論文では、疾病予防、健康維持を目指して、温泉気候物理医学において必要なトランスレーショナルリサーチおよびその知識処理フレームワークの基礎を明確化する。このために、ゲノムオントロジー、臨床オントロジー、温泉医学オントロジーをクライアントサイトにおいて橋渡しうる知識フレームワークとして、三つのコンセプトを提案する。第一は、論理的にミクロレベルからマクロレベルまでを統一的に拡張した解剖学的階層構造である。第二は、特徴記述された論理単位を基本とする知識記述方式である。第三は、EBMに基づいた知識の質の評価である。本論文においては、知識フレームワークの基本構想と初歩的な温泉医学知識を元にしたプロトタイプを構築した。論理的に拡張された解剖学的階層構造インデックスは、ゲノムから人/環境に至るまでの段階的階層構造に対してシームレスで論理的な連続性を提供することができた。EBMに基づいた知識の質の評価を加えることで、知識の信頼性が向上した。論理単位を基本とした知識記述方法により、粒度の異なる知識を単一の基準で扱うことができた。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/43953
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 大塚 吉則

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学