HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
雑誌発表論文等  >

The influence of oxidation reduction potential of spa spring water on the human body

フルテキスト
NOKB70-2_94-102.pdf951.2 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/44042

タイトル: The influence of oxidation reduction potential of spa spring water on the human body
その他のタイトル: 温泉水の酸化還元電位が人体に及ぼす影響について
著者: Takahashi, Nobuhiko 著作を一覧する
Jin, Masaaki 著作を一覧する
Ohtsuka, Yoshinori 著作を一覧する
キーワード: oxidation reduction potential
pH
uric acid
ryodoraku
spa spring
発行日: 2007年 2月
出版者: 日本温泉気候物理医学会
誌名: 日本温泉気候物理医学会雑誌
巻: 70
号: 2
開始ページ: 94
終了ページ: 102
抄録: 緒言: 温泉水は老化現象を示すことが知られていて、それは温泉水の酸化還元電位が増加し、その治療効果が失われることだと考えられている。しかし温泉水の酸化還元電位が生体に及ぼす影響については良く知られていない。痛風は薬物によってと同様に温泉によって、また鍼治療によって治療されてきた。それ故我々は酸化還元電位と尿酸排泄及び鍼治療と密接な関係にある良導絡との関係を調べた。方法: 各三名、三群の被験者が硫黄泉、炭酸水素塩泉及び水道水の風呂に入浴し、時間毎に尿酸排泄と良導絡を測定した。結果: 尿の尿酸クレアチニン比と良導絡電流は硫黄泉入浴後増加し、水道水浴後減少した。尿の酸化還元電位は尿の尿酸クレアチニン比および尿のpHと負の相関を示した。良導絡電流の変動は尿の酸化還元電位の変動と逆方向を示すことが多かった。結論: 浴水の酸化還元電位は尿の酸化還元電位や尿の尿酸排泄及び良導絡電流に影響を与えた。尿の酸化還元電位は体液の酸化還元電位を反映すると考えられるので、尿酸排泄や良導絡は体液の酸化還元電位によって影響されると考えられた。これらの所見は腎や表皮の細胞に電位依存性のトランスポーターやチャンネルが存在するので、酸化還元電位がそれらの細胞の膜電位に影響を与えたことを示すように思われた。更に尿の酸化還元電位は尿のpHと負の相関を示したので、酸化還元電位は電気的にpHを緩衝しているものと思われた。これらの事実は酸化還元電位を導くネルンストの式を用いて説明できるので、温泉の酸化還元電位は入浴によって生体に電気的な影響を与えるものと思われた。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/44042
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 大塚 吉則

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学