HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第111号 >

健康概念の起源について : 古代ギリシャ世界における身体と生命

フルテキスト
09Kawaguchi.pdf765.32 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.111.163

タイトル: 健康概念の起源について : 古代ギリシャ世界における身体と生命
その他のタイトル: Origin of Health Concept : Soma and Psyche in Ancient Greece
著者: 河口, 明人 著作を一覧する
キーワード: ポリス
アレテー
カロカガティア
身体
発行日: 2010年12月25日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 111
開始ページ: 163
終了ページ: 196
抄録: ポリスの存続という至上命題の中で,古代ギリシャ人が人間の身体に抱いていた観念は,精神と乖離した二元論的な理解ではなく,彼らの生存の内的欲求を意義づけるエートス(ethos)と一体のものであった。貴族文化の余韻をとどめながらも,人間の内面は身体に表現されることを確信し,その身体を創造せんとする卓越性(アレテー)の概念と結びつき,戦士共同体における生命のアイデンティティを構成することにって,ギリシャ文化や文明をもたらした主要な源泉となった。死すべき運命を悼みながら,その反映としての不滅の栄光を保障する卓越した勇気の顕現を,ポリス間の絶えざる戦闘という不幸の中で具現しようとしたギリシャ人は,英雄精神によって不死の神に至らんとする飽くなき憧憬を抱き続け,鍛錬された身体的能力と,限りない自己啓発を希求する精神的能力の渾然一体化した「カロカガティア」という,人間のありうべき理想像に関する概念的遺産を今日に伝える。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/44656
出現コレクション:第111号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学