HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science >
第32巻 第1号 >

歯科矯正学臨床基礎実習に対するルーブリックの導入試行

Files in This Item:
05_sato_gencho①.pdf1.24 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47233

Title: 歯科矯正学臨床基礎実習に対するルーブリックの導入試行
Other Titles: Trial introduction of rubric for the basics of dental practice in orthodontics
Authors: 佐藤, 嘉晃1 Browse this author
山方, 秀一2 Browse this author
岩崎, 弘志3 Browse this author
日下部, 豊寿4 Browse this author
菅原, 由紀5 Browse this author
金, 壮律6 Browse this author
梶井, 貴史7 Browse this author
金子, 知生8 Browse this author
山本, 隆昭9 Browse this author
吉村, 学10 Browse this author
八若, 保孝11 Browse this author
飯田, 順一郎12 Browse this author
Authors(alt): Sato, Yoshiaki1
Yamagata, Shuichi2
Iwasaki, Hiroshi3
Kusakabe, Toyohisa4
Yuki, Sugawara-Kato5
Kim, Takenor6
Kajii, Takashi7
Kaneko, Tomoo8
Yamamoto, Takaaki9
Yoshimura, Manabu10
Yawaka, Yasutaka11
Iida, Junichiro12
Keywords: ルーブリック
アウトカム基盤型カリキュラム
ポートフォリオ
自己学習能力
プロフェッショナルリズム
Issue Date: 15-Sep-2011
Publisher: 北海道歯学会
Journal Title: 北海道歯学雑誌
Volume: 32
Issue: 1
Start Page: 46
End Page: 54
Abstract: 北海道大学歯学部の専門教育期に行われる臨床基礎実習のうち,歯科矯正学教室が担当する歯科矯正学臨床基礎実習は舌側弧線装置作製実習と症例分析・診断学実習で構成されている.本実習の目標は「歯科矯正学講義で習得した基礎的,臨床的知識を基に症例分析法・矯正治療,技工技術を身に付けること」である.このようなものは一部パフォーマンス課題と呼ばれるものと考えられるが,従来型の評価法では適正な評価が行われない部分である.昨今,教育カリキェラムがプロセス基盤型からアウトカム基盤型へ移行するに伴い,ポートフォリオなどが徐々に取り入れられており,パフォーマンス系の課題にも対応可能な事が知られている.今回われわれは将来的なポートフォリオ評価の導入も視野に入れることも踏まえ,特にアウトカムに着目したルーブリックを実習にて試行し,有用性を評価することを目的とした.対象は平成21年度の3年次学生(平成22年度の4年次学生)46名とした.これらの学生に対して行われた舌側弧線装置作製実習と症例分析・診断学実習に際して,ルーブリックを用いてアウトカムに対する自己評価をさせた.得られたルーブリックから各項目の平均点を算出し比較した.結果より,両実習ともにプロフェッショナリズムは漸増する傾向がみられ,初回よりも最終回で有意に高かった.さらに,全体に舌側弧線装置作製実習の平均値よりも症例分析・診断学実習のそれが高い傾向を示した.この結果より,将来的なポートフォリオ評価を念頭におくこともふまえ,ルーブリックは歯科矯正学臨床基礎実習の実習に対する応用に有効なツールであることが示唆された.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/47233
Appears in Collections:北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science > 第32巻 第1号

Submitter: 佐藤 嘉晃

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University