HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of International Media and Communication >
メディア・コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies >
61 >

Cadre européen commun de référence pour les langues et enseignement du français au Japon : contextualisation et applications didactiques

Files in This Item:
MSC61_006.pdf496.12 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/47576

Title: Cadre européen commun de référence pour les langues et enseignement du français au Japon : contextualisation et applications didactiques
Other Titles: 『ヨーロッパ言語共通参照枠』と日本におけるフランス語教育 : 教授法的文脈化とその適用について
Authors: Jégonday, Nicolas Browse this author
Issue Date: 25-Nov-2011
Publisher: 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 = Research Faculty of Media and Communication, Hokkaido University
Journal Title: メディア・コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies
Volume: 61
Start Page: 121
End Page: 142
Abstract: 本稿では、『ヨーロッパ言語共通参照枠』の日本の大学フランス語教育に対して適用可能と思われる側面を検証する。まず、『参照枠』のもっとも重要と思われる方向を定義し、いかなる点で活動的視点がコミュニカティブ・アプローチを補完し超えるかをたどる。次に日本におけるフランス語教育のいくつかの特徴的な点についてまず述べておく。ヨーロッパと日本の教育文化の隔たりは常に問題となり、我々は主としてヨーロッパの人によってヨーロッパの人のために考えられた教育手段の文脈化について常に考えることを余儀なくされている。しかしながら活動的視点に基づき、異文化的なテーマのプロジェクトの形で行われる授業は、日本の入門レベルの学習者を対象にする場合も含めて、教育的であると同時に動機づけを高めるものとなりうるように思われる。同一のカリキュラムの中では、しかしながら、学習者に責任を持たせ、外にひらけた教室を含むこうしたプロジェクトがより伝統的な他の教え方にとって代わるものではないだろう。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/47576
Appears in Collections:61

Submitter: Nicolas Jégonday

 

Feedback - Hokkaido University