HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第114号 >

アルペンスキー競技大回転種目における技術・戦術構造について

フルテキスト
03Kondo.pdf11.56 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.114.41

タイトル: アルペンスキー競技大回転種目における技術・戦術構造について
その他のタイトル: Structure of Technique and Tactics in Giant Slalom of Alpine Skiing Competition
著者: 近藤, 雄一郎 著作を一覧する
キーワード: アルペンスキー競技
競技構造
技術的特質
技術・戦術構造
発行日: 2011年12月27日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 114
開始ページ: 41
終了ページ: 76
抄録: 【要旨】本研究はアルペンスキー競技の競技構造を示し,アルペンスキー競技大回転種目における技術及び戦術の構造を明らかにすることを目的とした。研究の結果,アルペンスキー競技の競技構造は,競技主体がFISの定める競技規則に従い,気象条件や雪の状態に対応し,自己の諸特徴に合致した道具を用いて,主体的手段を駆使するという運動手段に規定されながら,旗門が設置され様々な斜度や地形によって構成された競技空間に働きかけるという構造になっていることを明らかにした。そして,アルペンスキー競技の競技空間を「準備期」「開始期」「主要期」「終了期」に分類し,各運動経過別局面における運動課題を達成するための技術及び戦術を明確化し,構造的に明らかにした。本研究でアルペンスキー競技の技術・戦術構造を明確化したことは,段階的・系統的な指導理論を構築する際に,指導内容となる技術及び戦術を適切に抽出するためにも意義がある。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/48185
出現コレクション:第114号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学