HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
11号 >

研究者や科学技術コミュニケーター自らが科学映像コンテンツを制作できるワークフローの開発

フルテキスト
JJSC11_004.pdf3.24 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/49446

タイトル: 研究者や科学技術コミュニケーター自らが科学映像コンテンツを制作できるワークフローの開発
その他のタイトル: Development of Workflow that Enables Researchers and Science Communicators make Audio-Visual Contents for Science Communication by themselves
著者: 早岡, 英介 著作を一覧する
キーワード: Audio-Visual Contents
Workflow for video production
Science Communication
発行日: 2012年 6月
出版者: 北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 11
開始ページ: 47
終了ページ: 62
抄録: The argument how researchers and science communicators apply the visual media in science communication is still poor. Therefore, in this paper, I consider from the background that the visual media became able to utilize and arrange it about the role of the visual media in science communication. Based on it, I suggest the video production workflow, and evaluate it after having carried out. Anyone can make audio-visual contents for science communication in only one day without special knowledge and machines. Not only, they can express about their study clearly, but also they can acquire power of expression and the originality, communication skills, media literacy.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/49446
出現コレクション:11号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学