HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
北方人文研究 = Journal of the Center for Northern Humanities >
第6号 = No.6 >

A Case of Nivkh Phonetic Material : Possibilities of Archiving Recordings of Endangered Languages in the Sakhalin Region

Files in This Item:
jcnh06-10-TANGIKU.pdf549.79 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/52620

Title: A Case of Nivkh Phonetic Material : Possibilities of Archiving Recordings of Endangered Languages in the Sakhalin Region
Other Titles: ニヴフ語音声資料の事例 : 北東ユーラシアの危機言語アーカイブの可能性
Authors: TANGIKU, Itsuji1 Browse this author
Authors(alt): 丹菊, 逸治1
Keywords: Nivkh
Phonetic
Material
Possibilities
Archiving
Recordings
Endangered
Languages
Sakhalin
Region
Issue Date: 31-Mar-2013
Publisher: 北海道大学大学院文学研究科北方研究教育センター
Journal Title: 北方人文研究
Journal Title(alt): Journal of the Center for Northern Humanities
Volume: 6
Start Page: 157
End Page: 165
Abstract: 言語学調査・口承文芸調査の際に同時に採録される「言語学調査資料」「口承文芸資料」以外の雑談や生活体験の語りなどはプライバシー保護のための編集を経て、あるいはアクセス制限を設けることによって公開可能になるのではないか。特に北東ユーラシアの「危機言語」の言語共同体においては今後の調査はますます困難になる事が予想されることから、過去の調査資料は他の研究分野にとっても貴重な資料となりうる。北海道のアイヌ民族関係の研究では、すでに過去のさまざまな調査資料が整理されつつあり、多様な研究分野によって利用されはじめている。本稿では2004年に行った3日間のニヴフ語調査資料を例にあげ、主目的から外れた採録資料の公開可能性とその具体的な計画について述べる。そして今後の「言語アーカイブ」にはそういった資料が含まれるべきであることを述べる。
Type: bulletin (other)
URI: http://hdl.handle.net/2115/52620
Appears in Collections:北方人文研究 = Journal of the Center for Northern Humanities > 第6号 = No.6

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University