HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
13号 >

知識の状態を提示すること : 再生医療にかんするグループインタビューにおける参与構造の分析

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
JJSC13_002.pdf1.54 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/61990

タイトル: 知識の状態を提示すること : 再生医療にかんするグループインタビューにおける参与構造の分析
その他のタイトル: Showing Own State of Knowledge : Analyzing Structures of Participation in Group Interview about Regenerative Medicine
著者: 秋谷, 直矩 著作を一覧する
水町, 衣里 著作を一覧する
高梨, 克也 著作を一覧する
加納, 圭 著作を一覧する
キーワード: State of knowledge
Science Communication
Footing
Ethnomethodology
発行日: 2013年 6月
出版者: 北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 13
開始ページ: 17
終了ページ: 30
抄録: This article study how interviewees accomplish “showing their state of knowledge” and “participating” in group interview settings. Group interview’s topic was“ science and technology”, especially “regenerative medicine”. Interviewees were non-expert person of regenerative medicine, and were not acquainted with each other. In this situation, interviewee’s interactional problem is how describe own state of knowledge. Interviewee’s descriptions are conducted by co-participants to see what he/she is doing by talking in that way. In this article, we describe interviewee’s action over their state of knowledge of regenerative medicine, and based on the results of the description, elucidate their “method” of participation in interaction. In light of the above, we discuss the contribution of this article’s description for science communication colleagues.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/52851
出現コレクション:13号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学