HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
13号 >

科学技術コミュニケーションにおける「議論すべきこと」と「議論したいこと」

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
JJSC13_004.pdf1.5 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/52853

タイトル: 科学技術コミュニケーションにおける「議論すべきこと」と「議論したいこと」
その他のタイトル: What People Really Want to Discuss? : Theme Choice in Science Communication
著者: 平川, 全機 著作を一覧する
キーワード: theme choice
interactivity
the Round Table Discussion in Okkope
発行日: 2013年 6月
出版者: 北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 13
開始ページ: 47
終了ページ: 56
抄録: Theme setting is important for science communications. But in many cases, it is not interactively. That is one reason to think people science communications are forced to accept scientific conclusions. Interactivity is an important key word on science communications. So I organized The Round Table Discussion in Okkope , a new type of science communication. In this Round Table Discussion, the participants can choose theme. The theme chose by the participants was “we want to eat products from our town”. It is not scientific theme but social issue. But scientific issues are necessary to discuss about this theme. We discussed about social issues from scientific theme. But this new type science communication is discussing scientific issues from social theme. This type of science communications is based on people’s own life. It is important to add this type of science communication.
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/52853
出現コレクション:13号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学