HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第118号 >

非鍛錬者における自転車運動時の音楽聴取が生体ストレスマーカーと気分プロフィールへ与える効果

Files in This Item:
AA12219452_118_08.pdf10.37 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/b.edu.118.151

Title: 非鍛錬者における自転車運動時の音楽聴取が生体ストレスマーカーと気分プロフィールへ与える効果
Other Titles: Effects of Music Listening during Cycling Exercise on Stress Markers and Mood States in Untrained University Students
Authors: 桜庭, 那々美1 Browse this author
富田, 有紀子2 Browse this author
大塚, 吉則3 Browse this author →KAKEN DB
水野, 眞佐夫4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Sakuraba, Nanami1
Tomita, Yukiko2
Ohtsuka, Yoshinori3
Mizuno, Masao4
Keywords: music
heart rate variability
stress
POMS
exercise
音楽
心拍変動
ストレス
運動習慣
Issue Date: 30-Jun-2013
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院
Journal Title: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
Volume: 118
Start Page: 151
End Page: 162
Abstract: 本研究は,運動中の音楽聴取が自律神経活動と気分プロフィールに与える効果を明らかにすることを目的として,非鍛錬大学生10 名(男性5 名,女性5 名)を対象に30 分の自転車運動中に,被験者の好みの音楽を聴取する聴取実験と音楽を聴取しない対照実験を最低1 週間の間隔を空けて実施した。その結果,自律神経活動指標である心拍変動は聴取実験と対照実験の間に有意な差は認められなかった一方で,唾液アミラーゼ活性値は聴取実験において有意な増加を示し(p<0.05),また唾液コルチゾール濃度は対照実験において有意な減少を示した(p<0.05)。気分プロフィールの測定による疲労と混乱のネガティブな感情が聴取実験においてのみ有意な減退を示した(p<0.05)。本研究により,運動中に音楽を聴取することは運動前のネガティブな感情を緩和させる効果のあることが示唆された。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/52896
Appears in Collections:北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University > 第118号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University