HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters >
第13号 >

イタリア語における近過去形と遠過去形の 「置き換え」について

フルテキスト
011_CESPA.pdf2.13 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/54070

タイトル: イタリア語における近過去形と遠過去形の 「置き換え」について
その他のタイトル: On the interchange between post tenses in Italian
著者: CESPA, Mariannna 著作を一覧する
キーワード: イタリア語
近過去形
遠過去形
置き換え
発行日: 2013年12月20日
出版者: 北海道大学大学院文学研究科
誌名: 研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters
巻: 13
開始ページ: 205(左)
終了ページ: 223(左)
抄録: 本稿は,イタリア語における過去時制に属する近過去形と遠過去形の相関 関係を明らかにすることを目的としている。伝統的な説明によると,過去時 制である近過去形と遠過去形のあいだには相違点がなく,その使い分けが話 者による選択であるとされている。つまり,話者の視点によって遠過去形が 近過去形の代わりに,あるいは近過去形が遠過去形の代わりに用いることが できるとされている。これは話者にとってその事象が過去の一時点であるな ら話者は遠過去形で描写するのに対し,その事象の効果が現在まで持続する なら近過去形で描写するという区別である。しかし,様々な原因が影響を与 えているため,その「置き換え」が不可能である場合も多く,また両方の時 制が可能であるが解釈が同じではないという場合もある。これはおそらくそ れらの2つの時制の本質の制限に関するものである。本稿はいつその「置き 換え」が可能であるか,いつ不可能であるかまたなぜ制限があるかというこ とに関して述べるものである。分析の結果,遠過去形における用法は幅が狭 いのに対し,近過去形における用法は非常に幅が広いということが明らかに なった。よって,近過去形と遠過去形の区別が重要な点であり,これに基づ いて時制の一致のルールを見直すこともできる。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/54070
出現コレクション:第13号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学