HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
17号 >

リスクコミュニケーター育成プログラム開発の試み : 映像メディアを用いた対話の場構築

Files in This Item:
web_Costep17_3.pdf1.42 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/70476

Title: リスクコミュニケーター育成プログラム開発の試み : 映像メディアを用いた対話の場構築
Other Titles: Attempt for Development of Risk Communicators Education Program : Dialogue Programs Using Visual Media
Authors: 早岡, 英介1 Browse this author →KAKEN DB
郡, 伸子2 Browse this author
藤吉, 亮子3 Browse this author
池田, 貴子4 Browse this author
鳥羽, 妙5 Browse this author
川本, 思心6 Browse this author
Authors(alt): HAYAOKA, Eisuke1
KORI, Nobuko2
FUJIYOSHI, Ryoko3
IKEDA, Takako4
TOBA, Tae5
KAWAMOTO, Shishin6
Keywords: risk communication
radioactivity
dialogue program development
visual media
リスクコミュニケーション
放射線
対話プログラム開発
映像メディア
Issue Date: Jul-2015
Publisher: 北海道大学高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 17
Start Page: 35
End Page: 55
Abstract: 福島第一原子力発電所の事故以降,主に放射能リスクをテーマとしたリスクコミュニケーションの取り組みが各地で進められてきた.だが,多くは啓蒙的な説明会にとどまっており,専門家と一般市民との間に十分な双方向の対話の場を生み出せていない.こうした状況を克服するためには,リスク情報を正確かつ受け手側に配慮しながら発信できるリスクコミュニケーターの育成が急務である.北海道大学CoSTEPでは2014年度にリスクコミュニケーション選択実習という新しい実習を設け,福島の農業と放射能リスクをテーマに活動した.最終的に2015年2月から3月にかけ,三つの対話イベントを実施した.本実習では,「コンテンツの制作能力」「コミュニケーションの場を生み出す能力」「適切なフレームを協働構築する能力」の三つの能力を育成することを目指し,TV番組等を活用して実習中に何度もリスク問題を取り上げて議論を重ねたこと.実際に福島で調査したこと.現地取材した映像を実習メンバーで編集してサイエンス・カフェ等で映像レポートとして上映したことの三つが大きな特徴である.これらの実践を通して「当事者性」「主体性」「多様な価値観」を獲得することができ,上記三つの能力にポジティブな効果がもたらされた.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/59579
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 17号

Submitter: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University