HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters >
第16号 >

動乱期におけるコサック・イメージ : M.ザゴスキン『ユーリー・ミロスラフスキー, あるいは1612年のロシア人』を例に

フルテキスト
16_005_uemura.pdf1.58 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/rjgsl.16.l33

タイトル: 動乱期におけるコサック・イメージ : M.ザゴスキン『ユーリー・ミロスラフスキー, あるいは1612年のロシア人』を例に
その他のタイトル: The image of the Cossacks in the Time of Troubles in Mikhail Zagoskin's “Yury Miloslavsky, or the Russians in 1612”
著者: 上村, 正之 著作を一覧する
発行日: 2016年12月15日
出版者: 北海道大学文学研究科
誌名: 研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters
巻: 16
開始ページ: 33(左)
終了ページ: 52(左)
抄録: 本稿の目的は,M.ザゴスキン『ユーリー・ミロスラフスキー,あるいは1612年のロシア人』(1829)におけるコサック・イメージを考察し,先行研究の中に位置付けることである。文学上のコサック表象を論じた先行研究では「神話」という概念を用いて,ゴーゴリの『タラス・ブーリバ』が持った影響力の強さを論じている。『タラス・ブーリバ』と違い,ウォルター・スコット風の歴史小説である『ユーリー・ミロスラフスキー』の場合,ロマンチックなコサック像と,歴史的知識に基づいたコサック像の2種類が現れる。前者がザポロージェ・コサックのキルシャであり,受動的な主人公ユーリーに対して,アグレッシブな行動力により彼を積極的に助ける。ユーリーとキルシャが合わさることで,一種の理想的なロシア人像が描かれるが,キルシャはコサックの中では例外的な存在であると説明されており,コサックそのものは讃美されるべき対象として描かれていない。一方でキルシャ以外の歴史記述に基づいたコサックは,利己主義を特徴としており,ロマンチックなコサックを相対化している。こうした要因により,この作品ではゴーゴリ的なコサックの「神話」性は力を持ちにくくなる。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/63908
出現コレクション:第16号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学