HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters >
第16号 >

『検察官』と古典主義演劇の関係

フルテキスト
16_006_ueki.pdf970.86 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/rjgsl.16.l53

タイトル: 『検察官』と古典主義演劇の関係
その他のタイトル: Relation between the Government Inspector and Dramas of the Classical Scool
著者: 植木, 健二 著作を一覧する
発行日: 2016年12月15日
出版者: 北海道大学文学研究科
誌名: 研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters
巻: 16
開始ページ: 53(左)
終了ページ: 72(左)
抄録: 本論文は, ゴーゴリ(1809-52)の一連の戯曲作品の中から『検察官』(1836 年初演)を取り上げ,その演劇的特質に触れることを目的とした。『検察官』 はこれまで様々な立場から論じられてきた。その中には古典主義演劇の規範 に基づく戯曲と見なす立場も根強くある。そこで本論文では,この戯曲と古 典主義演劇との関係に焦点を当てて考察し,どういった点が古典主義演劇の 規範の枠内に収まり,また逸脱しているのかを考察し,そのうえで,こうし た考察を通じて,この戯曲の持つ特徴を浮き彫りにすることを試みた。 第1章では,『検察官』と古典主義演劇の関係を考察する際の前提となる古 典主義演劇の作劇法の歴史や性格を,古典主義演劇の規範が確立した17世紀 フランスの演劇界に焦点を当てて概観した。第2章では,フランスで確立し た古典主義演劇の作劇法が,フランス文化の影響下にあった18世紀中葉のロ シアの演劇界に大きな影響を与えた経緯に触れつつ,その後のロシアにおい て古典主義演劇がどのような変遷をたどったのかを,個々の劇作家や彼らの 戯曲の若干の事例を取り上げつつ概観した。第3章では,『検察官』と古典主 義演劇の関係を考察するに当たって,『検察官』の作劇法と古典主義演劇にお ける個々の規範を照らし合わせながら,受容点と変容点を区別することを検 討するとともに,変容している点について,すなわち,古典主義演劇の枠組 みでは捉えきれない『検察官』の新しさについての考察を試みた。 最後に,まとめとして『検察官』と古典主義演劇との関係を整理するとと もに,今後の課題として,本論文を執筆する過程で浮き彫りとなった問題点 を,いかなる視点から,いかにして解きほぐしていくべきかを示した。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/63909
出現コレクション:第16号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学