HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
文学研究科  >
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters >
第16号 >

公定尺度の単位「キロ」について

フルテキスト
16_010_chen.pdf884.53 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/rjgsl.16.l115

タイトル: 公定尺度の単位「キロ」について
その他のタイトル: On ‘kiro’ in the International System of Units
著者: 陳, 静静 著作を一覧する
発行日: 2016年12月15日
出版者: 北海道大学文学研究科
誌名: 研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters
巻: 16
開始ページ: 115(左)
終了ページ: 128(左)
抄録: 1896年から1898年までの間,漢文学者である古城貞吉は中国語の新聞で ある『時務報』,『昌言報』,『農学報』などのために多くの新聞や本などを翻 訳した。1898年に出版された『昌言報』の「東文訳編」欄には「啓羅」とい う訳語が現れた。日本語原文記事では「キロ」であるが,この訳語は古城氏 が翻訳した際の発想か当時中国語に既にあったことばなのかはっきりしな い。 公定尺度単位の国字について日中両方の先行研究は多くあるが,「啓羅」に ついての研究はあまりないように見受けられる。「粁」,「瓩」は『漢語外来詞 詞典』(1984.上海辞書出版社)で日本語借用語と明記されているが,音訳語 「啓羅」についてはフランス語の音訳語とされている。本稿は主に「啓羅」に ついて,それがどういう位置づけを持つか日中両方の辞書類とコーパスを利 用し,辞書記述と現実使用の両方から調査を行った。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/63913
出現コレクション:第16号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学