HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
20号 >

マニアの社交場「BAP cafe」 : “狭く深いサイエンスカフェ”の魅力

フルテキスト
JJSC20_001.pdf1.52 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/64027

タイトル: マニアの社交場「BAP cafe」 : “狭く深いサイエンスカフェ”の魅力
その他のタイトル: BAP cafe : Meeting Place for Enthusiasts
著者: 菊池, 結貴子 著作を一覧する
江崎, 和音 著作を一覧する
中島, 悠 著作を一覧する
石川, 遼子 著作を一覧する
伊與木, 健太 著作を一覧する
正田, 亜八香 著作を一覧する
音野, 瑛俊 著作を一覧する
キーワード: サイエンスカフェ
出張授業
双方向コミュニケーション
発行日: 2017年 1月
出版者: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 20
開始ページ: 3
終了ページ: 13
抄録: 近年,科学者と非科学者がテーブルを囲んで気軽に語り合う「サイエンスカフェ」が日本で広がりつつあり,開催回数・開催場所ともに急激に増加している.それに伴って,サイエンスカフェの形式も多様化してきており,現在では実に様々な形式のサイエンスカフェが開催・報告されている.本稿では,こうしたサイエンスカフェの多様性の一端として,著者らの運営するイベント「BAPcafe」を取り上げ,その運営方法と実施実績を詳述するとともに,実施記録や参加者へのアンケートをもとに,BAP cafeの特徴と効果および今後の課題について考察を行った.BAP cafeではサイエンスカフェの要素の一つである「わかりやすく説明すること」よりも,「専門的な内容について濃密な議論を展開すること」に重点を置いており,サイエンスカフェの新たな一形式として著者らは位置づけている.スピーカーと参加者の間のみならず,参加者同士,スタッフと参加者の間での対話が自然に起こり,議論が盛り上がる点が特徴であり,参加者からは,スピーカーとの距離が近く,“マニアック”な話題を共に楽しみながら深く議論を交わせるといった評価を得ている.専門性の高い内容はサイエンスカフェでは避けられがちであるが,BAP cafeではそれが長所となり,参加 者を獲得して継続的な開催につながっている.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/64027
出現コレクション:20号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学