HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
20号 >

「感情を動かす」科学技術演劇の企画・上演

Files in This Item:
JJSC20_003.pdf3.66 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/76293

Title: 「感情を動かす」科学技術演劇の企画・上演
Other Titles: Planning and Performance of Science and Technology Drama to Move the Emotions of Audiences
Authors: 福井, 佑梨1 Browse this author
中村, 佳代2 Browse this author
石田, 明子3 Browse this author
芋田, 桃子4 Browse this author
古川, 智也5 Browse this author
朴, 炫貞6 Browse this author
種村, 剛7 Browse this author
Authors(alt): Fukui, Yuri1
Nakamura, Kayo2
Ishida, Akiko3
Imota, Momoko4
Furukawa, Tomoya5
Park, Hyunjung6
Tanemura, Takeshi7
Keywords: drama
emotion
science communication
drama experienced person 1.
演劇
感情
科学技術コミュニケーション
CoSTEP
演劇経験者
Issue Date: Jan-2017
Publisher: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 20
Start Page: 31
End Page: 46
Abstract: 本稿は2016年1月24日,北海道大学構内で開催されたCoSTEP主催のイベントにおいて「小劇団ろっか。」が上演した科学技術演劇「ゆきの日の話。」についての報告である.科学技術演劇には「知識を伝えるタイプ」と,登場人物の気持ちを伝え観客の感情を動かすことをねらいとした「気持ちを伝えるタイプ」の二つがあると考えられる.本稿では,同日のイベントにおいて,「気持ちを伝えるタイプ」として上演した「ゆきの日の話。」の制作過程に着目し,このような科学技術演劇を企画・上演する際の場所選び,脚本執筆,稽古の進め方,観客の感想,出演者の感想等を,演劇経験を持つ主宰者の観点から具体的に取り上げる.このことを通じて,科学技術演劇の意義や利点,制約条件,そして課題を明らかにする.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/64030
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 20号

Submitter: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University