HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

過渡的な軸応力の擾乱による釧路コールマインにおける白亜系砂質頁岩の浸透率変化

Files in This Item:
MMIJ2017.3401-10-04.pdf636.04 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/65421

Title: 過渡的な軸応力の擾乱による釧路コールマインにおける白亜系砂質頁岩の浸透率変化
Other Titles: Changes in Permeability of Cretaceous Sandy Shale at Kushiro Coal Mine due to Transient Axial Stress Disturbance
Authors: 大島, 徹平 Browse this author
藤井, 義明 Browse this author →KAKEN DB
児玉, 淳一 Browse this author →KAKEN DB
福田, 大祐 Browse this author →KAKEN DB
松本, 裕之 Browse this author
内田, 景己 Browse this author
Keywords: 釧路コールマイン
白亜系砂質頁岩
過渡的な軸応力の擾乱
浸透率変化
Kushiro Coal Mine
Cretacious sandy shale
Transient disturbance of axial stress
Change in permeability
Issue Date: 27-Mar-2017
Publisher: 資源・素材学会
Journal Title: 資源・素材学会春季大会講演集
Volume: 2017
End Page: 3401-10-04
Abstract: ファーフィールドにおける地震後の井戸水位の変位、冷戦下のロシアでの地盤への人為的な振動による地下核実験探知の攪乱が行われた際の近傍の天然ガス井の生産量増加、釧路コールマインの坑内湧水の排出量が北海道の南東沖で生じたM7.5以上の地震3つ全てで発生前24時間以内に減少し、地震後に増加したことなどは過渡的な応力の擾乱による浸透率の変化を示すものと考えられ、釧路コールマインで白亜系から湧出しているメタンガスのEORに応用できる可能性がある。そこで、釧路コールマインにおける白亜系砂質頁岩の過渡的な軸応力の擾乱による浸透率変化について調査した。同コールマインから採取した白亜系砂質頁岩の三軸圧縮試験の前後に、静水圧3~15 MPa、上流側間隙水圧1 MPa、下流は大気圧開放で浸透率を測定した。測定の中途に1~5 MPaの過渡的な軸応力の擾乱を与えた。実験の結果、もちろん、圧縮破壊によって浸透率は増加したが、過渡的な軸応力の擾乱によって破壊前・破壊後のいずれの場合でも、浸透率は低下した。浸透率の低下の割合は、静水圧に対する過渡的な軸応力の擾乱の割合が小さいほど大きかった。
Description: 資源・素材学会平成29(2017)年度春季大会、2017年3月27日(月)~29日(水)、千葉工業大学 津田沼キャンパス、習志野市
Conference Name: 資源・素材学会平成29(2017)年度春季大会
Conference Place: 習志野市
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/65421
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 藤井 義明

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University