HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
21号 >

討論の場作りができるリスクコミュニケーターを養成するための教育プログラム開発の試み

フルテキスト
3_tanemura_19-40.pdf2.62 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/66321

タイトル: 討論の場作りができるリスクコミュニケーターを養成するための教育プログラム開発の試み
その他のタイトル: Attempt for Development of Education Programs to Bring Up Risk Communicators to Promote Debate
著者: 種村, 剛 著作を一覧する
キーワード: リスクコミュニケーション
討論
批判
ディベート
教育プログラム開発
risk communication
debate
refutation
developing education program
発行日: 2017年 6月
出版者: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 21
開始ページ: 19
終了ページ: 40
抄録:  筆者は,2016 年11月に,リスクコミュニケーター養成プログラム開発の一環として,1)対話の作りの中でも特に,質疑や反駁を通じて意見の妥当性や論理性を吟味するような,「討論の場」の計および,そのためのファシリテーションの知識やスキルの習得を目指した,2)事前学習と対実践型プログラムを組み合わせた教育プログラムを企画・実施した.本稿は,討論の場作りの必性を示し,当該プログラムの目的,達成目標,施行にあたっての工夫を記す.そして実施過程をじて得た情報を提示した上で,受講者のコメントやアンケートから明らかになった改善点等を述る.
In November 2016, in the course of developing the risk communicator training programs, the author 1) aimed at designing a place for dialog, especially a 'place for debating' that allows to examine the validity and logicality of opinions through questioning and refutation, as well as,to this end, acquiring knowledge and skills on facilitation; and 2) planned and implemented an education program that combined prior learning and interactive training program. This paper shows the necessity of preparing a place for debating, and describes the objective, goals to achieve, and tips in implementing the above-mentioned program. Having presented the information obtained through the implementation process, we explain some points to be improved clarified by the comments and questionnaires from the participants.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/66321
出現コレクション:21号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学