HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
21号 >

研究者のためのビジュアルデザイン : 「ビジュアルデザインハンドブック」の有用性

Files in This Item:
4_tanaka_41-57.pdf4.27 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/79321

Title: 研究者のためのビジュアルデザイン : 「ビジュアルデザインハンドブック」の有用性
Other Titles: Visual Design for Researchers : Effects of Visual Design Handbook
Authors: 田中, 佐代子1 Browse this author
小林, 麻己人2 Browse this author
三輪, 佳宏3 Browse this author
Authors(alt): TANAKA, Sayoko1
KOBAYASHI, Makoto2
MIWA, Yoshihiro3
Keywords: ビジュアルデザイン
アウトリーチ活動
プレゼンテーション
イラストレーション
ユニバーサルデザイン
visual design
outreach activities
presentation
illustration
universal design
Issue Date: Jun-2017
Publisher: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 21
Start Page: 41
End Page: 57
Abstract:  研究成果の理解を助けるビジュアルデザインは,研究者にとり重要な位置を占めるようになった.しかし研究者自身によるビジュアルデザインは,煩雑でわかりにくく,審美性の低い場合が多い.そこで私たちは,研究者のために有用なビジュアルデザインのルールについて考察した.まず,研究者に即したビジュアルデザインのルール案を考案し,それを掲載したハンドブックを作成した.次に,これを研究者に配付し,彼らに対するアンケート調査を介して,提案ルール案の研究者にとっての有用性と問題点を検証した.その結果,有用と判明したのは,第1に「画面の構成方法」に関するルール,特に「視線の流れを意識する」,第2に「効果的な配色方法」に関するルール,特に「3色(メインカラー,アクセントカラー,無彩色)でキメる!」,第3に「PowerPointによる描画」に関するルール,特に『頂点の編集』をマスターする」であった.一方,有用性が低いとされたのは「グラフ・表・フローチャート」に関するルールで,改善の余地があるとわかった.配布ハンドブックは概ね評判が良く,国内の理系研究者に有用とわかった.学ぶ機会が少ないデザインの基本ルールと技術を学習できたため,「役立つ」実感を与えたと推察する.
Visual designs aiding the understanding of research results are becoming important for researchers. However, many researchers use incomprehensible and unattractive visual designs, which is why we attempted to formulate effective visual design rules for researchers. First, we published handbooks that presented plans of these visual design rules. We distributed them to researchers in Japan and conducted surveys using questionnaires. We then inspected the effects and problems of these plans. Consequently, the most effective rules were about the “Layout,” particularly the rule“ Being Conscious of the Flow of the Eyes.” The second most effective rules were about “Color Methods,” particularly the rule “Deciding Three Colors (Main Color, Accent Color, and Neutral Color).” The rules about “Drawing using PowerPoint” were also effective, particularly the rule“ Mastering Edit Points.”
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/66322
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 21号

Submitter: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University