HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
22号 >

国民参画型科学技術イノベーション政策形成に向けたセグメンテーションの開発 : 科学技術イノベーション政策に関する世論調査をもとに

フルテキスト
02_suga_3-13.pdf1.35 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/81294

タイトル: 国民参画型科学技術イノベーション政策形成に向けたセグメンテーションの開発 : 科学技術イノベーション政策に関する世論調査をもとに
その他のタイトル: Development of a New Segmentation for Broad Public Engagement in Science, Technology and Innovation Policy : From an Opinion Poll on Science, Technology and Innovation
著者: 菅, 万希子 著作を一覧する
鈴木, 紀子 著作を一覧する
藤原, 靖也 著作を一覧する
吉澤, 剛 著作を一覧する
工藤, 充 著作を一覧する
加納, 圭 著作を一覧する
キーワード: 科学技術イノベーション政策
政策マーケティング
パブリックエンゲージメント
セグメンテーション
潜在的関心層
science
technology and innovation policy
potential interest
policy marketing
public engagement in policymaking
venture
発行日: 2017年12月
出版者: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 22
開始ページ: 3
終了ページ: 13
抄録: 日本における社会・経済の課題解決の有効な手段の1つとして,科学技術イノベーションへの期待が近年高まっている.現在の科学技術イノベーション政策は,主に科学技術の育成や移転に関わる仕組みや方法に焦点がある.しかし,消費者として,また納税者として,税金を資金として拠出する国民の科学技術イノベーション政策への支持や関与を促進することも,自律的に科学技術イノベーションを促進するためには不可欠である.本稿では,日本全国140地点,層化2段無作為抽出法により抽出した887人に対する面接聴取法による調査結果と分析から,科学技術イノベーション政策への国民の支持・関与,つまりパブリックエンゲージメントの促進要因として,成果・コミュ ニケーション・環境整備・国民の政策影響力等が関係することを明らかにした.それらへの態度によるセグメンテーションを開発し,科学技術に関心のある層だけでなく,潜在的関心層に対しても, 政策マーケティングの視点からのコミュニケーション技法として活用可能な,科学技術政策と国民との相互理解が促進されることを目的としたモデルを提言する.
As one of the efficient solutions to solve the problems of the economic and social situations, expectations on the science, technology, and innovation are increasing recently. At the present, the system of which will develop new science and technology and transfer them is mainly focused in a science, technology and innovation policy. It is also necessary to build up the science, technology and innovation environments, in which people are interested in and voluntarily support the policy, so called public engagement. Because they are not only consumer of the science and technology but also taxpayer as funds. Analyzing the data collected from the two-stage stratified random sampling of 887 cases through interview survey, it is confirmed that the output, communication, circumstances, and influence of the people will promote the support and interest towards the policy of science, technology and innovation. We propose to improve the comprehension between the people and policy, in other words politicians by using the Segmentation Model clusters of which are segmented by the attitudes towards those promoting factors. It can be the new framework of communication for not only those interested in science and technology but also those potentially interested in it for the policy makers from the point of view of policy marketing.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/67955
出現コレクション:22号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学