HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
Discussion paper >
Series B >

ファミリー企業における経営者交代の決定要因

Files in This Item:
DPB163.pdf1.94 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/71191

Title: ファミリー企業における経営者交代の決定要因
Authors: 柳田, 具孝 Browse this author
Issue Date: Aug-2018
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: Discussion Paper, Series B
Volume: 163
Start Page: 1
End Page: 14
Abstract: 上場企業における経営者交代について乙政(2004)は平成2年から平成7年の製造業における経営者交代事例630 社を対象に分析を行っている。その結果、代表権を失う交代が行われる場合、会計ベースのパフォーマンスの落ち込みが経営者交代にリンクすることを明らかにした。 所有と経営が分離した上場企業では会計ベースのパフォーマンスの落ち込みが経営者交代にリンクするとしても、所有と経営が密接なファミリー企業でも妥当するかという問題意識から『ファミリービジネス白書 2015年版』に掲載されたファミリー企業(上場企業)において経営者交代が発生した173事例を対象とし、会計パフォーマンスと経営者交代の関係を考察する。結果としてファミリー企業における親族から親族への経営者交代は会計パフォーマンスの良い時期に行われるという結果を得た。これは「事業による一族の永続」を内容とするファミリービジネス論における社会的情緒資産理論(SEW)とも整合的である。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/71191
Appears in Collections:Series B

Submitter: 柳田 具孝

 

Feedback - Hokkaido University