HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
24号 >

「科学技術と社会」への多角的視点を涵養するためのシリアスゲームデザイン授業の開発・実践

Files in This Item:
JJSC24_4_shineha.pdf3.08 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/86613

Title: 「科学技術と社会」への多角的視点を涵養するためのシリアスゲームデザイン授業の開発・実践
Other Titles: Development and Practice of Designing a Serious Game Classto Cultivate a Diversified Perspective on Science, Technology,and Society Issues
Authors: 標葉, 靖子1 Browse this author
福山, 佑樹2 Browse this author
江間, 有沙3 Browse this author
Authors(alt): SHINEHA, Seiko1
FUKUYAMA, Yuki2
EMA, Arisa3
Keywords: シリアスゲーム
科学技術と社会
高等教育
serious game
STS
higher education
Issue Date: Dec-2018
Publisher: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 24
Start Page: 45
End Page: 54
Abstract: 近年,科学技術が高度に発展していることに伴い,科学技術と社会を取り巻く問題もまた複雑化してきている.本研究では,そうした科学技術と社会を取り巻く問題への多角的視点を涵養することを目指し,大学1,2年生を対象とした,学生自らが科学技術と社会をテーマとしたシリアスゲームを作成する「科学と社会をつなぐゲームデザイン」授業の開発・実践を行った.本稿では,当該授業の実施概要を報告するとともに,当該授業を受講した学生のふりかえり・レポート記述の内容から,「科学技術と社会」について考える上で,ゲーム作成というプロセスを活用することの可能性と課題について考察する.
Tremendous scientific and technological progress has increased the complexity of the social issues related to science and technology (hereinafter referred to as STS issues). To cultivate a diversified perspective on STS issues, we have developed a first and/or second year undergraduate class titled: “Designing a Serious Game: Communicating between Science, Technology, and Society.” In this paper, we present a practical summary of the class, and discuss the possibilities and challenges of utilizing the game design process to think about STS issues with reference to the students? reflective reports.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72236
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 24号

Export metadata:


 

Feedback - Hokkaido University