HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters >
第18号 >

西田哲学における宗教の論理 : 『善の研究』と『場所的論理と宗教的世界観』との比較を手がかりに

Files in This Item:
18_001_hou.pdf1.8 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rjgsl.18.l1

Title: 西田哲学における宗教の論理 : 『善の研究』と『場所的論理と宗教的世界観』との比較を手がかりに
Other Titles: The Logic of Religion in the Philosophy of Nishida Kitaro : Based on the Comparison Between An Inquiry into the Good and The Logic of Place and the Religions Worldview
Authors: 侯, 乃禎1 Browse this author
Authors(alt): Hou, Naizhen1
こう, ないじぇん1
Issue Date: 26-Dec-2018
Publisher: 北海道大学文学研究科
Journal Title: 研究論集
Journal Title(alt): Research Journal of Graduate Students of Letters
Volume: 18
Start Page: 1(左)
End Page: 10(左)
Abstract: 『善の研究』と『場所的論理と宗教的世界観』は,西田幾多郎の最初期と最後期の論文である。この二つの論文の刊行時期は三十年以上離れているが,「宗教を説明する」という一貫した主題を持っている。本稿はこのことを手がかりにして,その二つの論文を比較し,それらの内在的な関係を明らかにしたい。まず,『善の研究』の第四編において,「純粋経験」という原理にしたがって宗教を説明する方法には,哲学と宗教を混同する危険があることを示す。次に,『善の研究』を『場所的論理と宗教的世界観』と比較し,この二つの論文の異同を明らかにする。最後に,『場所的論理と宗教的世界観』において西田は,宗教の独自性を保ちながらそれを説明するために,「逆対応」という概念を用いて,宗教自身の論理に主眼をおいていることを示す。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72432
Appears in Collections:研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters > 第18号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University