HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters >
第18号 >

熊澤蕃山における誠意と致知の解釋について : 中江藤樹の思想との比較

Files in This Item:
18_008_guan.pdf582.06 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rjgsl.18.r17

Title: 熊澤蕃山における誠意と致知の解釋について : 中江藤樹の思想との比較
Other Titles: A Study on Kumazawa Banzan's interpretation of 'Sei-i' and 'Chichi' : Compare with Nakae Toju's thought
Authors: 関, 雅泉1 Browse this author
Authors(alt): Guan, Yaquan1
かん, がせん1
Issue Date: 26-Dec-2018
Publisher: 北海道大学文学研究科
Journal Title: 研究論集
Journal Title(alt): Research Journal of Graduate Students of Letters
Volume: 18
Start Page: 17(右)
End Page: 29(右)
Abstract: 誠意と致知は,『大學』における重要な德目である。本稿では,熊澤蕃山が著した『大學和解』と『大學小解』を中心資料として取りあげて,藤樹學に對する蕃山の評價を檢討した上で,中江藤樹の思想と比較しながら,誠意と致知について蕃山の解釋を考察し,蕃山の思想の特徴と學問の形成を解明してみたい。檢討の結果,蕃山は藤樹と同樣に,王陽明と朱熹の説を折衷し,古本『大學』を定本とするが,經文と傳文を區別している。そして、藤樹の説を踏襲し,誠意の「意」を孔子が絶ち切った「私意」と解釋し,王陽明が唱えた「致良知」と同じ旨意で、致知を解釋している。さらに、朱子學と陽明學の分岐に對して,藤樹に從って折衷した姿勢を示している。『大學』の解釋について,蕃山は藤樹の思想を忠實に繼承したのである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72439
Appears in Collections:研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters > 第18号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University