HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

高分解能FE-SEM/ESB/ASBの拓く新たなナノ表面分析の世界

Files in This Item:
Journal of Japan Institute of Light Metals, Vol. 56, No. 8 (2006), 454–458.pdf1.71 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72854

Title: 高分解能FE-SEM/ESB/ASBの拓く新たなナノ表面分析の世界
Other Titles: Impact of high resolution FE-SEM/ESB/ASB in nano-surface analysis
Authors: 清水, 健一1 Browse this author
三谷, 智明2 Browse this author
立花, 繁明3 Browse this author
幅崎, 浩樹4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Shimizu, Kenichi1
Mitani, Tomoaki2
Tachibana, Sigeaki3
Habazaki, Hiroki4
Keywords: aluminum
SEM
BSE imaging
surface analysis
Issue Date: Aug-2006
Publisher: 軽金属学会
Journal Title: 軽金属
Volume: 56
Issue: 8
Start Page: 454
End Page: 458
Publisher DOI: 10.2464/jilm.56.454
Abstract: 電子顕微鏡の分野の進歩は目覚ましく、SEMの分野でも1kV以下の低加速電圧で高分解能観察ができるFE-SEMが登場し、ガラスやプラスチックなどといった非導電性試料でも表面をそのまま観察できるようになった。市販されている高分解能FE-SEMのカタログをみると、1kVの加速電圧で1.5~1.8nmの分解能が保証されている。試料を10万倍で観察した場合、1.5nmは画像ではわずか0.15mmにすぎないので、これだけの分解能があれば20~30万倍といった高倍率で撮影しても十分に鮮明な像が得られる。さらに本研究で使用したFE-SEM (Carl Zeiss Ultra 55)のように、エネルギーおよび角度選択性をもつin-column型の反射電子検出器(ESB; Energy and Angle Selective Backscattered Electron Detector)や、試料の表面すれすれにMott散乱されてきた電子のみを選択的に検出することでチャンネリング コントラストが強調された像を得ることができる検出器(ASB; Angle Selective Backscatterd Electron Detector)などを搭載した機種が登場し、"SEMは光学顕微鏡の延長で、表面の形態観察だけ"というこれまでの概念は大きく変わろうとしている。 こうしたFE-SEMの進歩と歩調を合わせるかのようにX線検出器の進歩も著しい。たとえば、EDX点分析をするのに、これまでのSi-Li検出器ではS/N比のよいスペクトルを得るためには100秒程度かかったものが、最近登場したSDD検出器(Silicon Drift Detector)を用いればわずか1秒で済み、これまで数十分かかっていたEDX mappingも数十秒程度の短時間で済む。つまりSEM像を撮るのと同じ感覚でEDX mappingができるという今までだれも想像もしなかったような新たな時代が到来している。分析時間の大幅な短縮は単にスループットの飛躍的な向上にとどまらず、EDXのような局所分析では分析精度の向上ももたらすため、FE-SEMとX線検出器の進歩の相乗効果は計り知れない。 本稿ではAlの場合を例に、ESBおよびASB検出器を搭載した高分解能FE-SEMによりどのようなことができるのかを解説する。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/72854
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 幅崎 浩樹

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University