HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
25号 >

科学技術コミュニケーターに求められる職務及び職能に関する試行調査 : JREC-IN Portal に掲載された求人情報を用いた分析

Files in This Item:
02_kobayashi.pdf3.03 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/89909

Title: 科学技術コミュニケーターに求められる職務及び職能に関する試行調査 : JREC-IN Portal に掲載された求人情報を用いた分析
Other Titles: A pilot study on features of Science Communicators in Japan : An analysis using job offers in JREC-IN Portal
Authors: 小林, 良彦1 Browse this author
中世古, 貴彦2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Kobayashi, Yoshihiko1
Nakaseko, Takahiko2
Keywords: 科学技術コミュニケーター
求人情報
職務と職能
広報
アウトリーチ
Science communicator
Job offers
Duties and functions
Public relations
Outreach
Issue Date: Jul-2019
Publisher: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 25
Start Page: 3
End Page: 16
Abstract: 科学技術コミュニケーター像の探求に有益な情報提供を行うための試行調査として,求人・求職支援ポータルサイト「JREC-IN Portal」に掲載された求人情報の分析を行った.本研究では,5カ月間の調査を通して得た83件の求人情報における雇用条件や応募要件,また,そこから読み取れる職務や職能の実情を調べた.結果として,それらの求人情報を,URAや産官学連携コーディネーターを含む「URA相当」,研究機関や研究プロジェクトの広報担当者から成る「科学広報」,ジオパーク専門員を含む「科学館スタッフ」,そして,ファンドレイザー等の「その他」に大別することができた.さらに,担う職務や求められる職能が求人情報において詳述されていない,という現状も明らかにすることができた.これらの結果からは,想定する職種分類に応じた科学技術コミュニケーター養成のコンテンツ開発が求められること,そして,科学技術コミュニケーターの専門的な能力が未だ十分に認知されていない状況が示唆された.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/75057
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 25号

Submitter: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University