HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science >
第40巻 第2号 >

漢方治療により味覚異常の他にさまざまな効能が得られた1例

Files in This Item:
40_02_07 武田雅彩(症例報告).pdf684.51 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/77616

Title: 漢方治療により味覚異常の他にさまざまな効能が得られた1例
Authors: 武田, 雅彩 Browse this author
三浦, 和仁 Browse this author
新井, 絵理 Browse this author
松下, 貴恵 Browse this author
山崎, 裕 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: 味覚異常
漢方
五苓散
自発性異常味覚
水滞
Issue Date: Apr-2020
Publisher: 北海道歯学会
Journal Title: 北海道歯学雑誌
Volume: 40
Issue: 2
Start Page: 122
End Page: 126
Abstract: 苦味の自発性異常味覚を訴える症例に対し,漢方薬の五苓散を投与したところさまざまな効能が得られた症例を経験したので報告する. 70 代の女性.初診の1か月前,突然,安静時に右舌縁の苦味を自覚し,その後も症状に改善傾向なくかかりつけの歯科からの紹介にて当科受診した.下肢のむくみ,頬粘膜の咬傷痕が認められ,血清亜鉛値は61 μg/dl と軽度低値ではあったが他の各種検査では異常を認めなかった.味覚障害の原因として亜鉛欠乏性が疑われたが,まずベンゾジアゼピン系の抗不安薬であるロフラゼプ酸エチルの投与を開始した.すぐに苦味は軽快傾向を示したが,3週頃から改善が認められなくなった.そこで水滞の所見を参考に五苓散5 g/ 日を投与すると苦味が軽快した他に下肢のむくみや頬粘膜の咬傷がなくなった。結果的に亜鉛の補充は行わずに味覚異常は完治した
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/77616
Appears in Collections:北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science > 第40巻 第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University