HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Institute of Low Temperature Science >
低温科学 = Low Temperature Science >
第78巻 >

原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの可視化

Files in This Item:
10_p071-078.LT78.pdf1.19 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/lowtemsci.78.71

Title: 原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの可視化
Other Titles: Imaging water molecule networks with atomic force microscopy (AFM)
Authors: 杉本, 宜昭1 Browse this author
塩足, 亮隼2 Browse this author
Authors(alt): Sugimoto, Yoshiaki1
Shiotari, Akitoshi2
Keywords: 原子間力顕微鏡
走査プローブ顕微鏡
氷表面
Atomic force microscopy
Scanning probe microscopy
Ice surface
Issue Date: 24-Mar-2020
Publisher: 低温科学第78巻編集委員会
Journal Title: 低温科学
Volume: 78
Start Page: 71
End Page: 78
Abstract: 氷の表面が化学反応の場として重要であることが知られている.したがって,氷表面を微視的に観 察して,さらにその上に吸着する個々の原子分子を可視化する研究が求められている.原子間力顕微 鏡(AFM)は,それを実現するポテンシャルを有している.超高真空環境で動作する高分解能AFM は,広く用いられている大気中AFM と異なる点が多くある.本稿では,原子分解能を有するAFM の原理と装置について説明し,試料表面の観察例をいくつか示した後,金属基板に低被覆率で水分子 を吸着して形成される水分子ネットワークのイメージングの結果を示す.そして,この技術を用いて 氷表面を調べる展望について述べる.
AFM is a powerful tool for investigating various sample surfaces with atomic resolution. Here, the principles and instruments used in AFM are described. After showing a number of sample AFM images, AFM images of water networks are shown and discussed. Finally, the prospects for future works on ice surfaces using our AFM techniques are discussed.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/77769
Appears in Collections:低温科学 = Low Temperature Science > 第78巻

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University