HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
Discussion paper >
Series B >

総報酬制と年金・健康保険料負担 : 雇用形態別の分析

Files in This Item:
DP_B_55(Abe).pdf600.35 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/8478

Title: 総報酬制と年金・健康保険料負担 : 雇用形態別の分析
Authors: 安部, 由起子1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Abe, Yukiko1
Issue Date: Nov-2005
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: Discussion Paper, Series B
Volume: 55
Start Page: 1
End Page: 13
Abstract: 本稿では、平成15 年(2003 年)4 月から導入された総報酬制(厚生年金・健康保険料が月収と賞与に同率で賦課されるようになった)が、正規雇用者・パート雇用者の保険料負担をどのように変化させると考えられるかを、賃金構造基本統計調査およびパートタイム労働者総合実態調査のデータから試算した。分析の結果、正規雇用者の厚生年金保険料額は低所得の労働者では低下する一方、正規雇用者の健康保険料と厚生年金保険料の合計額は、男女・学歴・年齢層にかかわらず上昇することがわかった。一方、パート労働者には賞与支給がない場合も多く、支給がある場合でも金額が小さいという事情により、パート労働者の保険料負担(厚生年金と健康保険の合計)は約9%低下することがわかった。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/8478
Appears in Collections:Discussion paper > Series B

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University