HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
創刊号 >

「支援」研究のはじまりにあたって : 生きづらさと障害の起源

フルテキスト
FUJINO.pdf396.59 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20558

タイトル: 「支援」研究のはじまりにあたって : 生きづらさと障害の起源
その他のタイトル: Views on the study of supporting children : The origins of difficulties, disabilities and handicaps
著者: 藤野, 友紀 著作を一覧する
キーワード: 支援
発達
障害
生きづらさ
発行日: 2007年 3月30日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究科附属子ども発達臨床研究センター
誌名: 子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
巻: 1
開始ページ: 45
終了ページ: 51
抄録: 本稿は「生きづらさ」や「障害」といったキーワードを手がかりとしながら、「支援」にまつわるいく つかの論点および研究の課題を整理した。「生きづらさ」「障害」とは誰にとってのどのような問題であ り、どのように生成し変化するものなのか。それを問うことが「支援」を考えるにあたって重要である。 「障害」や「生きづらさ」が社会的環境のシステム不全によって、すなわち他者を含む社会との関係性の 中で生じるとすれば、社会的環境のシステムを改変することの中に「障害」の形成を阻止する可能性が 含まれていることになるだろう。子ども支援研究部門の課題は、「障害」や「生きづらさ」を個人の問題 として語ることの危うさを踏まえて、特定のカテゴリーに入れられた個人や集団に問題を帰属させるの ではない「支援」モデルをつくっていくことに据えられる。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20558
出現コレクション:創刊号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学