HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
創刊号 >

生きにくさを抱える子どもたち : 生物学的基盤から社会的環境まで

フルテキスト
MUROHASI.pdf373.29 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20562

タイトル: 生きにくさを抱える子どもたち : 生物学的基盤から社会的環境まで
その他のタイトル: About children who feel difficulties for existence in their society: From biological bases to social circumstances
著者: 室橋, 春光 著作を一覧する
キーワード: 生きにくさ
いじめ
普通
発達障害
生物学的基盤
発行日: 2007年 3月30日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究科附属子ども発達臨床研究センター
誌名: 子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
巻: 1
開始ページ: 11
終了ページ: 17
抄録: 「生きにくさ」には時代的・社会的背景があり、容易には定義し難い。しかし「生きにくさ」は、多数派の生活が基準となりそれが「普通」となるとき、少数派の生活様式のうちに「普通」ならざるものとして現れる。発達障害のある人々は、その特性の強さから往々にして少数派としての生活を強いられる。 同じ「人」であるが故に、そのわずかな違いが偏見を生む。「障害」に現れる心理的特性の背景には、生物学的基盤と社会的環境との相互作用がある。それらの背景に存する諸基盤を理解した上で彼らを援助し支えることのできる社会こそが、真に強い社会であるといえる。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20562
出現コレクション:創刊号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学