HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第2号 >

"軽度"発達障害を持つ子どもたちの支援 その2 : 土曜教室における支援と学びを通して特別支援教育を考える

フルテキスト
KATAGIRI.pdf410.01 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/32447

タイトル: "軽度"発達障害を持つ子どもたちの支援 その2 : 土曜教室における支援と学びを通して特別支援教育を考える
その他のタイトル: The study of “Special support education” through support and “Manabi” in Saturday Class
著者: 片桐, 正敏 著作を一覧する
キーワード: 土曜教室
特別支援教育
話し合い
学び
発行日: 2008年 3月21日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究科附属子ども発達臨床研究センター
誌名: 子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
巻: 2
開始ページ: 39
終了ページ: 48
抄録: 本論は、2006年度日本LD学会第15回大会、および2007年度日本LD学会第16回大会にて筆者らが企画したシンポジウムを整理し、特別支援教育に必要な支援というものを土曜教室の実践を通して考察することを目的とした。これら2回のシンポジウムを通して、現在の学校教育における特別支援教育の一側面が浮き彫りになり、北大土曜教室がもつ〝話し合い"や〝学び"といったシステムが、特別支援教育においても重要な側面であることが示唆された。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/32447
出現コレクション:第2号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学