HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第3号 >

発達障害のある方々への生涯発達支援の実践研究の進捗状況(1)

Files in This Item:
1_p1-7_TANAKA.pdf396.48 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/38177

Title: 発達障害のある方々への生涯発達支援の実践研究の進捗状況(1)
Other Titles: A progress report of research projects on support method of lifelong learning for the children/persons with developmental disabilities (1)
Authors: 田中, 康雄1 Browse this author →KAKEN DB
内田, 雅志2 Browse this author
久蔵, 孝幸3 Browse this author
福間, 麻紀4 Browse this author →KAKEN DB
川俣, 智路5 Browse this author
伊藤, 真理6 Browse this author
俵谷, 知実7 Browse this author
金井, 優実子8 Browse this author
葛西, 康子9 Browse this author
Authors(alt): Tanaka, Yasuo1
Uchida, Masashi2
Hisakura, Takayuki3
Fukuma, Maki4
Kawamata, Tomomichi5
Itou, Mari6
Tawaraya, Tomomi7
Kanai, Yumiko8
Kasai, Yasuko9
Keywords: 臨床研究
臨床教育
臨床実践
発達障害
連携
Issue Date: 25-Mar-2009
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Journal Title(alt): Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
Volume: 3
Start Page: 1
End Page: 7
Abstract: 2007年から2008年にかけて行った「発達障害のある方々への生涯発達支援の実践研究」の進捗状況について報告した。発達障害の特性に応じて持てる能力が十分発揮できるような環境調整と、当事者が前向きに生きていけるような周囲の理解があれば、当事者は充実した生活を営むことができるという作業仮説の元、具体的な支援策を構築する実践を乳幼児期・就学以後・就労前後といった各段階の生活環境に対して試みている。われわれは、発達障害とは生活障害であるという理解にたち、医療モデルから社会モデルへと視点を移動させながら、包括的および学際的な支援のありかたを目指している。そこにある研究体制は、自他が融合する「共同体」への回帰願望ではない。われわれは、他者たる存在との対立緊張を引き受けつつ、そこから豊かな関係性を創出しようとする営為を経て、「孤独」を抜きにしては成り立ち得ない「連帯」の上にこそ支援は成り立つと考えている。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/38177
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University