HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第3号 >

困難を抱える子ども・若者とその家族への地域生活支援の意義と今後への提言 : 支援実践を通しての分析と検討

Files in This Item:
5_p45-53_HIOKI.pdf429.17 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/38181

Title: 困難を抱える子ども・若者とその家族への地域生活支援の意義と今後への提言 : 支援実践を通しての分析と検討
Other Titles: An analytical study using active support : the significance and suggested support to children, young people and their families facing home and communal difficulties
Authors: 日置, 真世1 Browse this author
Authors(alt): Hioki, Masayo1
Keywords: 地域生活支援
実践的分析
協同的解決
マネジメント
Issue Date: 25-Mar-2009
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Journal Title(alt): Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
Volume: 3
Start Page: 45
End Page: 53
Abstract: 今日の日本社会は少子高齢化、核家族化、過疎化、経済の不安定、地域における人間関係の希薄化など暮らしを取り巻く環境の著しい変化の中でさまざまな生活課題が生じている。一方では、それら生活課題を支えるべく公共システムである年金や医療保険、各福祉制度をはじめとした社会保障制度は転換期を迎え不安定であり、雇用を取り巻く状況も厳しさを増し、多くの地方自治体が財政困難を抱えるなど、人々の暮らしを支える社会システムが大きく揺らいでいる。そうしたなか地域においては、大勢の困難や生きづらさを抱える子どもや若者たちとその家族は、複雑・深刻な課題にぶつかり、既存の制度で支え切れない実態があり、現実では当事者や限られた実践者の我慢と努力に依存するような厳しい状況に陥っている。本論は具体的な支援実践の蓄積から、そうした生活課題を抱えた子どもや若者とその家族を身近な生活の場である地域で支えることの意義と支援においては何が重要でどんな思想や方法論が必要なのかを探り、今後、地域における支援体制の充実を願って、ささやかな提言を試みるものである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/38181
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University