HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
13号 >

サイエンスカフェ参加者のセグメンテーションとターゲティング : 「科学・技術への関与」という観点から

この資料はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で公開されています。

フルテキスト
JJSC13_001.pdf1.76 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/61989
HUSCAP内関連資料

タイトル: サイエンスカフェ参加者のセグメンテーションとターゲティング : 「科学・技術への関与」という観点から
その他のタイトル: Segmentation and Targeting of Participants in Science Cafes : From the Viewpoint of the Extent of Engagement in Science and Technology
著者: 加納, 圭 著作を一覧する
水町, 衣里 著作を一覧する
岩崎, 琢哉 著作を一覧する
磯部, 洋明 著作を一覧する
川人, よし恵 著作を一覧する
前波, 晴彦 著作を一覧する
キーワード: science café
segmentation
public engagement in science and technology
targeting
evaluation
発行日: 2013年 6月
出版者: 北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 13
開始ページ: 3
終了ページ: 16
抄録: Science cafés have become popular as casual public dialogue format since 2005, when is considered the first year of science communication in Japan. We conducted a research focused on the participants in science cafés, using a method of marketing research,“ segmentation.” We used the third generation of segmentation method, which was originally from Victorian Government in Australia and was considered as useful to access target audiences and segmented the participants in science cafes and other science and technology (S&T) events such as public lectures, science festivals as “the high engagement in S&T” and “the low engagement in S&T” segments. As a result, we found that major participants in science cafés belonged to “the high engagement in S&T” segment and this tendency was true of public lectures and science festivals. However, we also found that the following three formats had a potential to attract “the lowly engagement in S&T” segment. 1) The theme is relevant to their lives. 2) The events are held in a place where can serve alcohols such as a bar. 3) The theme looks collaborative with non-science area such as art or Japanese culture. We need more samples and further analysis to better understand the participants in S&T events.
記述: 本稿には、一部誤植を訂正した改訂版が出ております。HUSCAP内関連資料をご参照下さい。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/52850
出現コレクション:13号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学