HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第5号 >

実践者と研究者の協働研究の可能性 : 学童保育実践との関連で

Files in This Item:
AA12203623_5_03.pdf761.29 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rcccd.5.13

Title: 実践者と研究者の協働研究の可能性 : 学童保育実践との関連で
Other Titles: Possible Ways of Collaborative Research between Practitioner and Reseacher : referring to after school care practice
Authors: 宮﨑, 隆志1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Miyazaki, Takashi1
Keywords: 省察的実践
実践コミュニティ
学童保育
実践記録
バウンダリー・オブジェクト
Issue Date: 25-Mar-2014
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究科附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Volume: 5
Start Page: 13
End Page: 19
Abstract: 実践コミュニティの発展のためには、実践者の省察機能を高める必要があるが、「行為の中の省察」や「実践の中の省察」(D.ショーン)は実践者自身による研究活動として展開する。そのような省察的な発展過程に、専門的研究者はどのように関わることが可能か? 本稿では学童保育実践を対象にして、実践者と研究者の間で対話的で協働的な省察的探求が成立する可能性と実現条件を検討した。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/54981
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第5号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University