HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
15号 >

何者として,何を話すか : 対話型ワークショップにおける発話者アイデンティティの取り扱い

フルテキスト
web_Costep15_107.pdf1.22 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/66444

タイトル: 何者として,何を話すか : 対話型ワークショップにおける発話者アイデンティティの取り扱い
その他のタイトル: As Any Person, What to Speak : A Way of Handling Speaker’s Identity in Workshop
著者: 工藤, 充 著作を一覧する
秋谷, 直矩 著作を一覧する
高梨, 克也 著作を一覧する
水町, 衣里 著作を一覧する
加納, 圭 著作を一覧する
キーワード: identity
deliberative communication
diversity
workshop design
発行日: 2014年 6月
出版者: 北海道大学高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication
巻: 15
開始ページ: 107
終了ページ: 122
抄録: This practice report raises some questions of dialogical workshop design about science and technology policy topics. Focusing participant’s talk, we analyze relationship between presenting participant’s identity and facilitator’s practice of consolidation of opinions. As a result, we find following points. (1) Presenting identity when particular participant express his opinions make/form relationship with other participant’s identity.( 2) Participant’s identity changes at each time, and relies on course of interactional context. These results provide the resource when we rethink relationship between conservation of opinions diversity and methods of gathering various opinions, and design workshop that oriented deliberative communication in public.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/56444
出現コレクション:15号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学