HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第7号 >

援助要請行動生起における援助要請期待尺度と心理的コスト尺度の信頼性・妥当性の検討

Files in This Item:
AA12203623_7_5-12.pdf848.65 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rcccd.7.5

Title: 援助要請行動生起における援助要請期待尺度と心理的コスト尺度の信頼性・妥当性の検討
Other Titles: Reliability and Validity of Psychological costs and expectations about seeking counseling of Help-Seeking Behavior scale
Authors: 伊藤, 詩菜1 Browse this author
松田, 康子2 Browse this author →KAKEN DB
加藤, 弘通3 Browse this author
Authors(alt): Itoh, Shiina1
Matsuda, Yasuko2
Katou, Hiromichi3
Keywords: 援助要請行動
心理的コスト
カウンセリング
Issue Date: 25-Mar-2015
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Volume: 7
Start Page: 5
End Page: 12
Abstract: 本研究では、援助要請行動生起における利益とコストの関係性を検証するため、中岡・兒玉(2011)の援助要請期待尺度の信頼性・妥当性の検討を行うとともに、援助要請不安尺度を元に援助要請行動生起における心理的コスト尺度を作成し、その信頼性・妥当性の検討を行った。そのため、大学生、大学院生208名を対象とし、既存の援助要請期待尺度(中岡・兒玉,2011)と、本研究で作成した心理的コスト尺度を合わせた計46項目を「カウンセリングに対する印象」として質問紙を用いて調査した。その結果、心理的コスト尺度は「スティグマへの懸念」因子、「カウンセラーの対応への懸念」因子、「強要への懸念」因子の3因子となり、中岡・兒玉(2011)と同様の結果となった。一方、援助要請期待尺度については、「内面の安定への期待」因子、「カウンセラーの対応への期待」因子、「知識習得への期待」因子の3因子となり、中岡・兒玉(2011)と異なる結果となった。また、Cronbachのα係数と2つの尺度の下位尺度との相関により、本研究で作成された心理的コスト尺度は十分な信頼性と妥当性が示された。援助要請期待尺度(中岡・兒玉,2011)についても再検討され、因子構造は中岡・兒玉(2011)とは異なる結果となったものの、より多くの項目数からなる、より信頼性・妥当性を有した尺度が作成されたと考えられる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/58514
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第7号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University