HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第7号 >

二次障害を呈した読み困難児に対する包括的支援の重要性

Files in This Item:
AA12203623_7_57-62.pdf1.21 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rcccd.7.57

Title: 二次障害を呈した読み困難児に対する包括的支援の重要性
Other Titles: The importance of collaboration among school, family and research center to support children with behavioral problems and learning difficulties
Authors: 岩田, みちる1 Browse this author
柳生, 一自2 Browse this author
横山, 里美3 Browse this author
室橋, 春光4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Iwata, Michiru1
Yagyu, Kazuyori2
Yokoyama, Satomi3
Murohashi, Harumitsu4
Keywords: 二次障害
包括的支援
読み困難
Issue Date: 25-Mar-2015
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Volume: 7
Start Page: 57
End Page: 62
Abstract: 発達障害や学習障害のある場合、不登校や対人関係・社会的行動面のトラブルなど二次障害を併発しやすいことが指摘されている。特に読み書きに困難がある場合は周囲から理解されづらく、学校だけでなく家庭でも怠惰やケアレスミスとして叱責の対象になりやすい。本稿では反抗挑戦性障害と注意欠陥・多動性障害を疑われて受診した読み困難児に対する家庭、学校、専門機関と医療の連携による包括的支援を行った事例を紹介する。また、学習障害の見つかりにくさについて医療の観点から記述する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/58520
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第7号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University