HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
18号 >

STAP騒動から見えた研究成果の報道発表の課題 : 論点整理クローズド・ワークショップで抽出された論点

フルテキスト
Costep18_6.pdf1.49 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/71590

タイトル: STAP騒動から見えた研究成果の報道発表の課題 : 論点整理クローズド・ワークショップで抽出された論点
その他のタイトル: Current Issues Clarified by STAP Scandal in Press Release of Research Results : Agendas That Have Been Picked Up in Closed Workshop.
著者: 岡田, 小枝子 著作を一覧する
藤吉, 隆雄 著作を一覧する
キーワード: announcement of research results
scientists
public relations
media
citizen society
研究成果の発表
研究者
広報
メディア
市民社会
発行日: 2015年12月
出版者: 北海道大学高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
誌名: 科学技術コミュニケーション
掲載誌等別名: Japanese Journal of Science Communication
巻: 18
開始ページ: 61
終了ページ: 69
抄録: 2014 年1 月にいわゆるSTAP論文として発表され,のちに研究不正と認定されたSTAP騒動では,研究倫理の問題とあわせ研究広報のあり方の問題もクローズアップされた.科学技術広報研究会(以下,JACST)と北海道大学(以下,北大)物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム(以下,ALP)ではこれを積極的な契機ととらえ,研究成果の公表において研究者や科学技術広報担当者は何にどのように関与すべきか,どのようなリスクにどのように準備すべきかを考える公開シンポジウムを実施することとした.そこでまず,幅広く論点を抽出し整理するために主催・共催関係者限りのクローズド・ワークショップを開催し,公開での議論のために論点を整 理した.その結果として,研究成果を報道発表する際の課題は「組織と個人の関係」,「研究成果の発表と研究倫理の関係」,「研究者の役割」,「広報担当の役割」「メディアの役割」,「市民社会からの見え方」の六つの論点に集約された.
In the STAP scandal, that is based on the STAP paper published in January, 2014 and later confirmed as a research misconduct, the issues of research ethic as well as of research public relation activities were identified. Japan Association of Communication for Science and Technology (JACST) and Hokkaido University Ambitious Leader’s Program (APL) regarded this scandal as a proactive opportunity and decided to hold the open symposium to discuss what and how scientists and public relation officers should be involved and how and what kinds of risks scientists and public relation officers should be prepared for such cases. In advance, we planned to hold a closed-workshop before the open discussion. In the workshop, we identified 6 issues for discussion: relationship between organizations and individuals, relationship between publicizing research results and research ethics, roles of researchers, roles of public relation officers and staff, roles of media, perception from citizen society.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/60394
出現コレクション:18号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学