HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Communication in Science and Technology Education and Research Program : CoSTEP >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
19号 >

パネルディスカッション : デュアルユース問題と科学技術コミュニケーション

Files in This Item:
JJSC19_010 .pdf2.73 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/74105

Title: パネルディスカッション : デュアルユース問題と科学技術コミュニケーション
Other Titles: The Panel Discussion : Dual-use Dilemma and Science Communication
Authors: 三上, 直之1 Browse this author →KAKEN DB
杉山, 滋郎2 Browse this author →KAKEN DB
小山田, 和仁3 Browse this author
千葉, 紀和4 Browse this author
伊藤, 肇5 Browse this author →KAKEN DB
新田, 孝彦6 Browse this author →KAKEN DB
川本, 思心7 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Mikami, Naoyuki1
Sugiyama, Shigeo2
Oyamada, Kazuhito3
Chiba, Norikazu4
Ito, Hajime5
Nitta, Takahiko6
Kawamoto, Shishin7
Keywords: dual-use technology
military research
research fund
social responsibility of scientists
science communication
デュアルユース技術
軍事研究
研究資金
科学者の社会的責任
科学技術コミュニ ケーション
Issue Date: Jul-2016
Publisher: 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
Journal Title: 科学技術コミュニケーション
Journal Title(alt): Japanese Journal of Science Communication
Volume: 19
Start Page: 117
End Page: 134
Abstract: 2015年7月18日、国立研究開発法人産業技術総合研究所つくばセンターで実施された一般公開において、産総研イノベーションスクールは「色が変わる化学を身近なもので感じよう」と題した化学実験イベントを出展した。本稿では、特に子ども向け化学実験のデザインや安全管理に焦点を当て、その企画と準備作業、および当日の内容について報告する。また、イノベーションスクールに所属するさまざまな専門分野のポスドクと博士後期課程学生の研究を分かりやすく紹介することを目的とした展示についても紹介する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/62318
Appears in Collections:科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication > 19号

Submitter: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University