HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第9号 >

発達障害のある青年たちが社会につながるための支援の試み

Files in This Item:
35_1882-1707_9.pdf1.05 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rcccd.9.35

Title: 発達障害のある青年たちが社会につながるための支援の試み
Other Titles: An attempt of connecting support to society for adolescents with developmental disabilities
Authors: 富永, 大悟1 Browse this author
日高, 茂暢2 Browse this author
室橋, 春光3 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Tominaga, Daigo1
Hidaka, Motonobu2
Murohashi, Harumitsu3
Keywords: 青年期
引きこもり
発達障害
訪問支援
オンライン支援
Issue Date: 15-Mar-2017
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Volume: 9
Start Page: 35
End Page: 39
Abstract: 発達障害のある青年は、自尊感情の低下が自己喪失感へと結びつき、学校や会社などのコミュニティから居場所を失ってしまう。本研究は、社会参加が難しくひきこもりがちな青年に対し、社会につながるための支援を検討することを目的とした。本研究では、青年とその保護者がもつ問題意識について実 態調査を行った。実態調査の中から、ひきこもりがちな青年とその保護者を対象とした訪問支援とICTを活用したSNS 型居場所支援を平行して実施した。その結果、就労や将来に関する不安や引きこもり状態では達成されにくい対人交流欲求が認められた。またSNS 型居場所支援は、在宅であっても支援につながり得ることへの高い期待をもたらした。本研究により、訪問支援とは異なるコミュニケーションの場として、支援者とのつながりを感じられる補助的な拠点として、SNS による居場所支援の可能性が示唆された。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65008
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第9号

Export metadata:


 

Feedback - Hokkaido University