HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第9号 >

ワーキングメモリと学習方法の関連性

Files in This Item:
47_1882-1707_9.pdf1.08 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rcccd.9.47

Title: ワーキングメモリと学習方法の関連性
Other Titles: Relationship between working memory and learning method
Authors: 土田, 幸男1 Browse this author →KAKEN DB
室橋, 春光2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Tsuchida, Yukio1
Murohashi, Harumitsu2
Keywords: ワーキングメモリ容量
個人差
注意
学習方法
認知負荷理論
Issue Date: 15-Mar-2017
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Volume: 9
Start Page: 47
End Page: 55
Abstract: 目標指向型の記憶であるワーキングメモリには制限された容量が存在し、学習を始めとする各種認知機能と関係する。本論文では、ワーキングメモリ容量についての基礎的研究を概観し、中央実行系を中心としたワーキングメモリの役割について検討した。また、ワーキングメモリが学習方法においてどのように関与しうるのか、認知負荷理論における効果とワーキングメモリの関係について概観した。最後に、ワーキングメモリという観点を踏まえた上で、今後の教育に望まれる学習方法について考察した。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65012
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第9号

Submitter: 土田 幸男

Export metadata:


 

Feedback - Hokkaido University