HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第9号 >

日本版WISC-IVにおける検査行動チェックリストの信頼性及び妥当性の検討

Files in This Item:
57_1882-1707_9.pdf648.14 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rcccd.9.57

Title: 日本版WISC-IVにおける検査行動チェックリストの信頼性及び妥当性の検討
Other Titles: Investigating the reliability and validity on the Test-Taking Behavior Checklist of the Japanese version of WISC-IV
Authors: 田邊, 李江1 Browse this author
岡田, 智2 Browse this author →KAKEN DB
飯利, 知恵子3 Browse this author
辻, 義人4 Browse this author
鳥居, 深雪5 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Tanabe, Rie1
Okada, Satoshi2
Iiri, Chieko3
Tuji, Yoshihito4
Torii, Miyuki5
Keywords: WISC-IV
検査行動
注意欠如・多動性障害
自閉症スペクトラム障害
WISC-IV
Test-taking behavior
ADHD
ASD
Issue Date: 15-Mar-2017
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Volume: 9
Start Page: 57
End Page: 61
Abstract: 本研究では、先行研究で作成した検査行動チェックリスト(Test-Taking Behavior Checklist:以下TBC)の尺度構成を検討した。結果として、下位尺度「意欲・協力的態度」「知的理解・言語理解」「不注意・衝動性」「社会性の困難」「情緒の問題」の信頼性及び妥当性が確認された。加えて、検査場面内の行動評定であるTBC「不注意・衝動性」「社会性の困難」と、日常場面の行動評定である「ADHD 評価スケール」「PARS」との間に中程度の相関が示された。このことから、検査場面内の行動観察でADHDやASD の特性を一定程度把握することが可能であると示された一方、検査場面内の情報だけで測定値を解釈することは避け、生態学的観点を含む総合的な検査解釈を行うべきであることが再確認された。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65013
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第9号

Export metadata:


 

Feedback - Hokkaido University